熊本地震から学ぶ「地震保険の考え方」

地震保険とは

地震保険とは火災保険に付帯してかける保険で、それ単体で加入できるものではありません。
また、補償範囲も火災保険の補償額の50%までというきまりがあります。
そのため、自宅が全壊したとしても全てを元に戻すほどの金額が補償されるものではありません。
仮に自宅全壊に備えるとするならば、保険料は大変高額なものになってしまいます。
そのため地震保険の加入率は全国で約3割程度となっていますが、本当に必要ないものなのでしょうか。

地震保険は必要ないのか

仮に被災して自宅が全壊となったとしても、自己資産で十分に再建が可能である方にとっては必要のないものと考えてよいでしょう。
しかし、自宅を失った時に自己資産でどうすることもできないと思える場合や、住宅ローンを抱えている方、家族が居て家族のことも同時に考えていかなければならない方などにとっては、とても大切な保険だといえるのではないでしょうか。
地震保険は、政府により再保険という位置づけになっており、加入した保険会社によって支払を渋ることがあるとか、補償金額が高額になりすぎて保険会社が潰れてしまうというようなリスクはないという利点があります。
また、現在は自己申告によって速やかに保険金が支払われるようになっています。

地震保険の考え方

地震保険だけで、全壊してしまった自宅を元通りにすることが難しいのは事実です。
しかし、地震保険の保険金は用途の限定がありません
つまり、何に使ってもいいので、新たに車を購入するとか、ホテルに宿泊するとか、あるいは被災地から離れるための交通費など、被災した際の当面の資金として使うことが出来るのです。
そういった資金もない場合は、国や自治体が動いてくれることをただ待つしかないのです。
地震保険は、自宅の再建のための資金としては確かに不十分かもしれません。
しかし、当面の生活資金としては非常に大きな役割を果たすものになるに違いありません。
そのようなこともよく考慮しながら、地震保険についてもう一度考え直してみてもいいのではないでしょうか。